50万円 借りたい

MENU

50万円を借りたい方へ

50万円というと少なくない金額ですが、キャッシングサービスなどで借りたい時に借りることは可能なのでしょうか?

 

答えはYESです。ただし、審査があり、総量規制など様々な点で問題がなければということになります。
(※総量規制について

 

もう一つの問題として、借入可能金額の上限が低いキャッシングですと50万円を借りることができません。借入可能金額の上限が50万円以上のサービスを選択することがポイントとなります。

50万円借入申込可能なキャッシングサービス一覧

プロミス
プロミスの借入金額は1万円〜500万円までと幅広く対応しています。
金利については最近改定があり、以前より低金利での借り入れが可能になりました。
特徴的なサービスは下記の通りです。

 

・「即日融資も可能」(※平日14時までWeb契約にWEB契約完了)
・30日間無利息サービス(※詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。)

 

※自営業者の方でも申し込みは可能ですし、また、学生や主婦の方でもパート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

お金を借りる際の書類と手順

当サイトは50万円借りたい方へキャッシングサービスをご紹介していますが、50万円借りるときに限らず、キャッシングでお金を借りる時の申し込み方法は、店頭で申し込む他に電話申し込み、無人自動契約機、インターネットの公式サイトからの申し込みといろいろありますが、流れとしては同じです。

 

申し込みの書式に必要事項を記入、または入力して本人確認書類を提出し、審査結果を待ちます。審査に通過すると契約が行われ、カードが発行されます。

 

こちらのカードを使って、CDや提携ATMなどからキャッシングが可能です。また、指定の口座に現金を振り込んでもらうことのできるところもあります。

 

キャッシングの申し込みをスムーズに行う為には、事前に本人確認書類を揃えておくと良いでしょう。本人確認書類として最も一般的なのは、運転免許証になります。(運転免許証には顔写真と免許証番号が記載されていますので、店頭においても本人確認しやすいのです。)

 

住民票でも申し込みは可能ですが、顔写真も無く、本人以外でも取り寄せができてしまうという点を考えると、運転免許証があるのでしたらそれを利用するのをおすすめします。

 

また、高額の融資になりますと源泉徴収や給料明細などの収入証明書が必要になる場合があります。自営業の方でしたら昨年度の確定申告書があるとなお良いですね。

 

また、他の金融機関からも借り入れがある場合は申告する為に残高をまとめておく必要があります。

 

キャッシングで借入申し込む際は、これらのものを事前に準備しておく事でスムーズに申し込みが行えます。